ホーム断捨離 ≫ 夫が私の大切なモノを捨ててしまいました。断捨離の失敗。

夫が私の大切なモノを捨ててしまいました。断捨離の失敗。

3月から断捨離を始めて2ヶ月たちました。ここまでゴミ袋40リットル10袋と10リットル1袋のゴミを捨てました。
kuma

ところが、その捨てたモノの中に重要なモノがありました。夫が、私の一番といってもいいほど大切なのモノを捨ててしまったのです。

スポンサーリンク

寝室にあったファイルの中の書類の整理をしていて、鼻水が止まらなくなってしまったことがありました。
 

鼻水が止まらなくなった話はコチラです。
      ↓
寝室の断捨離とホコリとアレルギー。


あまりに鼻水がひどかったので仕方がなく、ファイルの書類の分別を途中でやめてそのままリビングにおきっぱなしになっていました。
 
もともとそのファイルの中には、残しておきたい大切なモノが入っていました。

いつまでも山積みの書類をみかねて、夫が書類の分別をしてくれました。私が書類の片づけをすると鼻水がとまらなくなってしまうから、きっと親切でやってくれたのだと思います。

私はそのとき別のことをしていて、夫の問いかけに生返事をしていました。面倒くさくなって「名簿以外、捨てちゃって。」と言ってしまったような気もします。

昨日、息子のヒデ君(10歳)がDSのデータ更新をしたいと言いました。うちはDSのインターネット通信はオフにしてあります。データ更新するためには、一時的にインターネットに接続しなければなりません。

「えっと、パスワードは・・・。あ、そうだDSのお約束の裏に書いたはず。」

「DSのお約束」とは、ヒデくんが9歳にDSを買った時に、家族で決めた使い方の約束事を本人に書かせたものでした。

これは、アメリカのおかあさんが息子にスマホを与えるときに渡した決め事を真似したものでした。うちは50カ条あったと思います。

例えば
・インターネットに接続しない
・1日40分以内にする。
・使っていいのは、土日祝日のみ。
・知らない人とデータ通信してゲームをやらない。
などなど。

娘のはなちゃん(17歳)歳にスマホを買った時も同様に「スマホのお約束」作りました。

そしてその2つの「お約束」は、ファイルにはさんであったのです。

どこを探しても「お約束」が見当たりません。「はっ、もしや・・。」

そうです。夫が捨ててしまったのです。ガ~ン。

ショックでした。でもこれはまだいいのです。ヒデ君のお約束は、以前ママ友に画像を送ったことがあるのでどこかに写真があるはずです。

パスワードは、ヒデ君が覚えているでしょう。パスワードの意味なし(笑)

はなちゃんのスマホのお約束はもはやほとんど守られていません・・・。

そこで私は重大なことに気がついたのです。

「もしかして、ヒデ君のアレルギーの検査結果も捨てちゃった?」

どこを探してもありません。夫も「捨ててしまったかもしれない。申し訳ない。」とうなだれています。

私は涙が出てきました。ヒデ君が生後6カ月に食物アレルギーを発症してからの検査結果を全部とっておいたのです。

ヒデ君が赤ちゃんのとき、顔がかさぶただらけになり、私は毎日パソコンで同じような症状の子はいないか、治った子はいないか、ブログを探していました。

だから、今アレルギーのお子さんを持った親御さんの参考に少しでもなればと、ヒデ君のアレルギーの経過をブログか電子書籍に書き記しておこうと思っていたのです。

検査結果は、その資料の一部でした。

他のたいていのモノはパソコンで調べることができます。でもヒデ君の検査結果は、検索しても出てきません。

幸い、病院にはカルテが残っています。見せてもらえるかどうかはわかりませんが。

私は、検査結果を自分がどれほど重要と思っていたのかということに初めて気がつきました。と、同時に名簿などまったく必要でないことに気がつきました。

5年以上連絡をとっていない人と連絡をとることがあるでしょうか。まずありません。引っ越してしまったり、電話番号を変えてしまっているかもしれません。時代は手紙や電話より、フェイスブックやライン・ツイッターです。もはや名簿は不要です。

私は名簿をシュレッダーにかけました。

今回の事故は、私の不注意と夫の親切心からおきたことでした。

でも私は「人によって大切だと思うモノは違う。」ということに気がつきました。

父が生きていた頃、実家の庭の木を植木屋さんではなく、大工さんに切ってもらったことがありました。大工さんは、庭があまりにもうっそうとしていたので、ガンガン切ってくれました。

できあがった庭は、さっぱりはしているものの、全部の木がつるっぱげになっていました。

それを見た父は、ショックを受けて1ヶ月ぐらいうつのようになってしまいました。とくにそれまで庭の手入れにこだわっていたわけではなかったのです。

人によってモノの価値観は違う。

私は、「人のモノを勝手に捨てることはしない。」と心に誓いました。

ヒデ君の検査結果は、火事で燃えてしまったと思うことにしました。数字はなくても病気の記録は書けますしね・・・。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示