ホーム断捨離 ≫ 冬服を断捨離。バブルよ、さようなら。

冬服を断捨離。バブルよ、さようなら。

だいぶ暖かくなったので、衣替えと一緒に冬服を断捨離します。今日は、簡単な気がします。この冬に一度も着なかった服を捨てればいいのですよね?

毎日断捨離して、さらに春休みで子どもが家にいるので、食事の用意や発表会など行事が続き、ちょっと疲れてきました。
なので、今日は「1週間で8割捨てる技術」の著者でミニマリストの筆子さんオススメの15分方式でやってみたいと思います。さあどうなることでしょうか・・・。

スポンサーリンク

筆子さんオススメの15分で27着、ゴミ袋片手にどんどん捨てていく方法です。スマホのタイマーを15分にセットしてスタートです。

この冬、一度も着なかった服をゴミ袋に入れていきます。あれ、おかしいな。あんまり冬服が見当たりません。一年前に、部屋を入れ替えた時に、捨てたのかな?夏服でもいいか。15分しかないので、ちょっと焦ります。悩んでいる時間は、ありません。

ピピピピ・・・・。えっ、もう終了?思っていたより、ずっと早くタイマーが鳴りました。数えると、
20160331 洋服断捨離1

コート 3
ジャケット 3
ワンピース 2
カーデガン 1
ブラウス  3
スカート 3
シャツ 2
パンツ 1
スーツ 1(ワンピースとジャケット)
合計 20着でした。
足りない7個は、小物を断捨離しました。

パーティー用ドレスなど、何着かは茶色いシミが付いていました。

ずっと捨てられなかったジャケット。バブルの残り香がしますwww
20160331洋服断捨離2
小物のネックレスもかなりバブリーでした。バブル全盛期の頃、私はOLをしていました。お昼ごはんに上司が高級レストランでステーキをごちそうしてくれたり、接待でエスカルゴを食べたり、贅沢な時代でしたね。
景気が良かったので、仕事は忙しく、毎日残業でした。新入社員でも、お給料もボーナスも、とってもよかったのですが、仕事が忙しくて使う時間がありませんでした。お金はたまる。欲しいものは、何でも手に入れる。

こう考えると、今とは真逆な感じがします。でも、バブルの時の方がよかったとは一概に思えないのは、なぜでしょう?楽しかったけれど、心が満たされていなかったのでしょうか・・・。

こんな金色ボタンのジャケットなんて、もう着ませんよね。菜々緒さんのブランディアのCMを見ると、いつもちょっとドキッとします。昔の服を捨てられない先輩を冷ややかな目で見て「先輩、ブランディアって知ってます?」という、アレです。

あー、スッキリしたー。15分なので、疲れません。今日の断捨離、成功ですヾ(o´∀`o)ノ

明日は、本を断捨離します。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示