ホーム断捨離 ≫ 文房具を断捨離して思い出した震災の日のこと

文房具を断捨離して思い出した震災の日のこと

今日は、家族で共有していている文房具を断捨離します。この引き出し一段とペン立て二つです。
20160326bungu1.jpg
引き出しいっぱいに文房具が入っていて、開け閉めするのにひっかかってしまい、いつもイライラしていました。さあ、どこまで減らせるでしょうか?

スポンサーリンク

全部でこんなにありました!
20160326bungu4.jpg

セロテープを切る金具が5個もありました。どんだけ心配性?(笑)
全部捨てる!
20160326bungu3.jpg

私が中学生の時に使っていた定規。どんだけ物持ちがいいんだ?
捨てる!
20160326bungu2.jpg

捨てるぞー!
20160326bungu8.jpg

まわすものたち。
20160326bungu9.jpg

正しい収納場所に、帰る物たち。
20160326bungu7.jpg

これらを、引き出しに収納。
20160326bungu5.jpg

だいぶスッキリしました!
20160326bungu6.jpg

今日は、3時間ほどかかってしまいました。筆記用具を書けるか確かめたり、分けたりするのに時間がかかりました。本当はもっと筆記用具を処分したかったのですが、今日は疲れてしまったので、これでよしとします。

私は、東京に住んでいます。東日本大震災の時、我が家もだいぶ揺れましたが、落下したものは、このペン立て2つだけでした。↓
このペン立ては、NATURAL KITCHEN &(ナチュラルキッチンアンド)(100円と300円のかわいい雑貨屋さん)のものです。
ペン立てとして売っていたわけではありません。多分、鉢カバー?だと思うのですが、ペン立てに丁度いいと思い、買いました。
20160326bungu10.jpg
このペン立てを見る度に、あの日のことを思い出します。震災後、また家の中の耐震対策を見直しました。
このペン立ては棚の上に乗っていたのですが、あの日を境に、ずっと床にじかおきになっていました。それに慣れてしまっていたので何も感じなくなってしまっていましたが、「ペン立てが床の上」って、変ですよね?

今回の断捨離で、ペン立てのペンはすべて引き出しの中に入れてしまいました。これで落下するペン立ては、なくなりました。
これを機に、防災用品も見直そうと思いました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示