ホーム断捨離 ≫ 夏服を断捨離しました。断捨離する服の理由。

夏服を断捨離しました。断捨離する服の理由。

まだまだ暑いです。でも気分は秋ですね。

この夏一度も着なかった洋服断捨離しようと思います。

スポンサーリンク

引き出しを開けると、夏服そのものがあまりありませんでした。左上の一列だけ。
20160912洋服断捨離1

夏前に断捨離してしまったのですね。

でも実際着ていたものは、引き出しに戻る間もなく着ては洗濯を繰り返していました。それが数着。
20160912洋服断捨離2

あとはパイプハンガーにかかっているものの中から断捨離する服を探しました。
20160912洋服断捨離3

緑の水玉のシャツは、娘のはなちゃん(17歳)が捨てたものを拾ったもの。数回着ましたが、やはりどうしても無理がある。今年は一度も着ませんでした。

パープルのTシャツは思い出の一着だったのですが、生地が厚くて暑いのです。

紺色のワンピースとグリーンのスカートとグレーのシャツは、本当はまだ気に入っています。着たいのですが、安物だったためか毛玉だらけになってしまいました。ちょっと恥ずかしくて外には着ていけません。

黒い麦わら帽子は、紙製だったのかクタクタになってしまいました。

どれも嫌になったわけではありません。ちょっと名残惜しいです。

でもこの夏一度も着ませんでした。「今までありがとう。」と感謝の気持ちをこめて「さよなら」します。

処分したところに、実際よく着ていた洋服をしまうことができました。

まだ暑いけれど、夏が終わったという気持ちになりました。ちょっとしんみり。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示