ホーム北欧雑貨・インテリア ≫ 映画「かもめ食堂」は北欧雑貨がたくさん出てくる。感想

映画「かもめ食堂」は北欧雑貨がたくさん出てくる。感想

大好きなブログがあります。MIさんの「めがねと かもめと 北欧暮らし」というブログです。

疲れると、MIさんのブログに遊びに行って癒されます。


MIさんのブログは、おしゃれです。写真もきれいだし、なんといってもセンスがとってもいいのです。ため息が出ます。

そんなMIさんのブログ名は、「かもめ食堂」という映画が由来だと思われます。MIさんは「かもめ食堂」が大好きで時々ブログの中にもお話が登場します。

スポンサーリンク

映画の「かもめ食堂」気にはなっていたのですが、愛子は観たことがありませんでした。やっと念願の「かもめ食堂」を観ることができました。

「かもめ食堂」は群洋子さんの小説が原作です。舞台は北欧のフィンランドヘルシンキ。日本人女性が「かもめ食堂」というカフェを始めるというお話です。2006年に上映されました。

その映画の中に出てくる、食器や鍋・調理器具・家具・洋服など、すべてから北欧の香りがしてきます。イッタラアラビアマリメッコ。憧れの食器がたくさん出てきます。

それは高価ないやらしさがなく、自然であたたかい。心がほっこりするのです。


ストーリーもゆっくりゆっくり進みます。登場人物のそれぞれの人生。そして出会い。

主人公のサチエ(小林聡美さん)は当初和食にこだわっていたのですが、やがてシナモンロールを焼きます。だんだんとフィンランドと日本が融合してゆくのです。

このかもめ食堂は実際に存在するカフェで撮影されたそうです。撮影後もラヴィントラ カモメとして営業しているそうです。今も営業されているのでしょうか。

愛子は急にフィンランドに行きたくなりました。もちろん「かもめ食堂」に行くためです。それから北欧のおもちゃや雑貨を見に行きたいのです。

フィンランドは、きっとあったかい心の人がいる国。なんだかそんな気がします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示