ホーム節約・お小遣い稼ぎ ≫ 余計な物を置かなければ節約できる?カリスマ主婦が実践する方法とは?

余計な物を置かなければ節約できる?カリスマ主婦が実践する方法とは?

テレビ東京「あなたの常識は非常識 ソレダメ! 目指せ1000万!カリスマ主婦の節約術!」という番組を観ました。

結婚したての頃お金がなくて節約術は調べつくしていたので、この手の番組を観てもそう得ることもないだろうと思っていました。

ところが、参考になることがたくさんありました。

スポンサーリンク

まずは、節約度チェックリストです。



1・いつか使うかもとしまいっぱなしの家電や調理器具が2つ以上ある

2・ないと思って買ってきたら家に同じ物があった

3・用途別に鍋を持っている方だ


4・特売品は必ずチェックする

5・献立は毎日冷蔵庫の中を見て決める

6・安く買った食材なら使い切れずに捨ててしまっても家計には影響ない


7・子供服は体がどんどん大きくなるから着れなくなるのは仕方がない

8・男の子と女の子の兄妹はお下がりは難しい

9・家具はじっくり選んで買う

以上の9項目、チェックが少ない方が節約度が高いということです。


1と3は、キッチンに物が少ないと、余計な物を置きたくなくなる→物を増やしたくなくなる→買う時によく考えるようになる→買わない→無駄遣いしなくなる という方程式です。ミニマリスト→結果として節約につながる な感じですね。

3人のカリスマ主婦堀江麻衣さん、中野めぐみさん、namiさんが登場したのですが、3人とも共通していたのは、キッチンに物が少なくスッキリ片付いていることでした。

電気釜を持っていない方もいました。確かに電気釜はなくてもいいと思います。愛子は土鍋が欲しいです。電気釜の保温は電気代がかかります。

最高級の物をひとつ持っていると他の物が欲しくなくなる。」という言葉には大きくうなづきました。愛子も欲しいです。ル・クルーゼのお鍋。

456はおなじみの計画的に食材を買うことで無駄な物を買わないということです。特売などに振り回されてはいけません。耳が痛いです。

7と8は、洋服やリュックなどリメイクすることで新しく買わずにすみます。これはすごかった。でも技術が必要です。

9は家具も工夫して作れば材料費だけで済むということ。愛子もいろいろと買い替えたい家具があります。そうか、作るという手があったかと思いました。


カリスマ主婦の節約術



1.家の中を整理整頓して余計な物を置かない

2.1週間のメニューを決めてまとめ買いする

3.お弁当と一緒にお菓子と水筒を持たせる(夫に)とコンビニに行かなくなる←高校生にも使える手だと思いました。

4.物を長く使って貯金を増やす・・・これは少ない洋服を上手にコーデするというお話でした。

5.自分で作れば貯金できる



まとめ



この番組を観て、シンプルな暮らしはやっぱり節約につながるんだなと思いました。

この節約術は、暮らしを快適にし、お気に入りの物だけに囲まれ、手料理の愛情にあふれる生活につながります。そしてお金も貯まる!こんな素晴らしいこと見習わない手はありませんね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示