ホーム掃除道具・掃除・収納方法 ≫ タオルや布きんのなかなか取れない嫌な臭いを安全に取る方法

タオルや布きんのなかなか取れない嫌な臭いを安全に取る方法

梅雨のこの時期、洗濯物を外に干せません。室内干しです。

洗ったはずなのに、タオルバスタオル布きん臭い。雑巾のような臭いが取れない

または、乾いている間は臭いはしないけれど、濡れた顔や体を拭くととたんに臭くなる。

こうなると、もう捨ててしまいたくなります。でもそんなことをしていたら、タオルや布きんがなくなってしまいます。

強力な漂白剤などを使わずに、嫌な臭いをとる方法があります。

スポンサーリンク

タオル・バスタオル・布きんの臭いを安全に取る方法



雑菌を殺す



タオルや布きんの臭いの原因は雑菌です。

湿った状態で菌が付き、放置すると雑菌だらけになります。体を拭いたタオルは、洗濯カゴに入れたり、洗濯機の中に放り込んだままにせず、干すようにかけておきます。できるだけ菌を増やさないようにするためです。

この雑菌を退治すれば、臭いはとれるわけです。


安全に雑菌を殺す



ハイターなどの強力な洗剤は、できれば使いたくありません。タオルに少しでも残っていれば、体を拭いたときに洗剤が体につきます。排水も公害になります。

そこでどうするかというと、煮沸するのです。お鍋でぐつぐつ煮るのです。ただし、この方法は、手荒なので綿か麻のもので、万が一ダメになっても泣かないものに限ります。

タオルや布きんを煮る方法



1.まずタオルや布きんは、汚れていればざっとすすいでおきます。

2.大きい鍋にお湯をわかします。お湯の量は、洗う物を入れてもあふれない程度にします。バスタオルの場合は、バスタオルが入る大きさの鍋が必要です。

3.タオルや布きんは、水から煮ても、沸騰してから入れてもどちらでもいいです。でも沸騰してからだとお湯があふれると危ないので水から煮ることをおすすめします。

4.弱火~中火で約15分煮ます。石けんや洗剤、漂白剤は入れません。

5.火を止めたら、危ないので冷めるまでそのままおいておきます。

6.お湯が冷めたら、お湯を捨てます。軽くタオルや布きんをしぼります。

7.その後、いつもと同じように洗濯機で普通に石けんや洗剤を入れて洗います。脱水後は、時間を置かずにすぐ干します。

8.なるべく日光に当てて、さらに殺菌します。


これで、嫌な臭いをきれいさっぱり取ることができます。

ぜひ、お試しください(o‘∀‘o)*:◦♪

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示