ホーム断捨離 ≫ 食器洗い用洗剤を断捨離。それでも食中毒にならない理由。

食器洗い用洗剤を断捨離。それでも食中毒にならない理由。

愛子の家では、食器洗い用合成洗剤を使っていません。
20160707合成洗剤断捨離1
「え、それできれいになるの?」「殺菌できるの?」とお思いですか?

大丈夫なんです。

スポンサーリンク

食器を洗うのに合成洗剤を使わないのは、結婚する前、実家にいたときからでした。

テレビでよくコマーシャルしているようなものは、ほとんどが界面活性剤入りの合成洗剤です。


合成洗剤はなぜよくないのか




人体に危険



合成界面活性剤は、大量に摂取すると死亡します。1962年に日本で「ライポンF事件」というものがありました。あるご夫婦が赤ちゃんの粉ミルクを間違えてライポンFという合成洗剤で作ってしまいました。赤ちゃんが飲みたがらないので、お父さんが一口飲んでみた所、2時間後に死亡してしまったのです。

ゴキブリに台所用中性洗剤をかけると、すぐ死にます。

通常、合成洗剤をそのまま飲むことはありません。食器を洗い、水かお湯ですすぎます。でも洗い残した洗剤がほんの少し食器に残っています。

そこに食べ物をよそいます。食器に残っていた洗剤が食べ物に移り、一緒に食べてしまいます。


環境にやさしくない



食器を合成洗剤で洗ったあと、すすいだ水は川に流れ、やがて海にたどりつきます。これが生活排水と言われる公害です。

合成洗剤は海の中でも分解されにくいので、海の生物の体の中にも入っていきます。小さい生き物が合成洗剤を摂取して、それを中くらいの生き物が食べる。そして大きい魚がそれを食べる。

そしてその魚を人間が食べます。

もちろん、川や海の生物にとってもよくありません。


界面活性剤入りの合成洗剤を使わずに食器を洗う方法



1.油汚れのひどいものは、紙かボロ布でふきとります。
2.水かお湯でスポンジで軽く汚れをこすり落とします。この時、愛子はちょろちょろとだけ水を流しながらします。今は水不足なので、ボウルに水をためてスポンジを時々ボウルに入れて水分を含ませて食器をこすっています。
3.食器洗い機に入れます。洗剤は入れません。愛子の家には、80度すすぎという機能があるので、このボタンを押します。
4.食器洗い機または食器乾燥機で乾燥させます。この時かなり高温になります。乾燥直後は熱くてさわれないほどです。これで充分殺菌されました。

そうです。愛子は食器洗い機、すなわち食洗機を使用することで殺菌しているのです。

ただし、通常の食洗機は食洗機専用の合成洗剤を使用する前提で作られています。これは、食洗機的には正しい使用方法ではありません。もしも何かあっても、ごめんなさい、責任はおいかねます。

食洗機の中がベトベトになることがあるので、時々食洗機用の安全な石けんで食洗機を洗います。一年に一度あるかないかです。

食洗機や乾燥機がおうちにない場合は、最後にシンクに食器をおくか、ステンレスのザルなどの上に乗せ、上から熱湯をかけます。
すると、殺菌もされ、素早く水分が蒸発するのでふきんで拭く手間もはぶくことができます。


食洗機にいれられないものはどうするか



まな板や包丁は、食洗機に入れることができれば入れます。

できない場合や、プラスチック、大きいボウルなどは、台所用石けんで洗っています。愛子は生協の液体石けん「水ばしょう」を使っています。

実家ではこれをしていませんでした。お肉を切ったまな板や包丁も水でしか洗っていませんでした。実家にいるとき、愛子がしょっちゅうお腹をこわしていたのは、このためと思われます。

結婚してからは、石けんで洗っているのでお腹をこわさなくなりました。

鍋やフライパンの洗い方



油汚れのひどいものは、食器と同じように紙かボロ布でふきとります。それでも汚れがひどい時は一度ゆでこぼします。それから、スポンジとたわしでこすってお湯か水で流します。

ふきんで拭くか、軽く中火にかけて乾かします。鉄製のフライパンは火にかけてしっかり乾かさないと錆びの原因になります。

基本、鍋やフライパンには合成洗剤も石けんも使いません。

調理する時に、火にかけるので殺菌されるからです。


まとめ



「植物」という言葉を使って自然を装った食器洗い用の合成洗剤をよく見かけます。裏の成分を見ると「界面活性剤」と書かれているものがほとんどです。

それは洗濯用洗剤も同じです。だまされないでください。

冬になるとよく手荒れがひどくパックリ割れを起こしてしまう方がいますが、もし合成洗剤をお使いならやめてみてください。

愛子は合成洗剤で食器を洗う生活をしたことがないので、たまに会社などで使用すると手がどうしようもないほどカサカサになってしまいます。

タイトルに「食器洗い用洗剤を断捨離」と書きましたが、もともとうちには食器洗い用洗剤はありません。石けんはありますが。

でもテレビでたくさんコマーシャルをしているところをみると、食器洗い用洗剤を使っている人がまだたくさんいるのだろうなと思います。

食器洗い用洗剤、断捨離できます。これを断捨離できれば、洗剤代も節約することができます。ちょっぴりの石けんですみます。

体にも、環境にもやさしい、食器洗い用合成洗剤の断捨離をぜひしてみてください。

シンプルライフに合成洗剤は必要ないと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示