ホーム断捨離 ≫ 汚屋根裏部屋ついに断捨離完結。ビフォー・アフターを公開。画像あり。

汚屋根裏部屋ついに断捨離完結。ビフォー・アフターを公開。画像あり。

5/25から屋根裏の断捨離を始めました。屋根裏の断捨離を終えるのに、約3週間もかかってしまいました。

途中、くじけて屋根裏に登らない日が何日もありました。
20160620汚部屋片付け3
今日も暑いので、もう秋までやるのをやめようかとも思いました。

でもがんばりました。屋根裏の断捨離完了です。

ビフォー・アフターの写真を見てやってください(o‘∀‘o)*:◦♪

スポンサーリンク

約2畳ほどの屋根裏です。もちろん引っ越してきた時は何もありませんでした。それがこの12年の間に入り口までモノがあふれ、奥に入ることができなくなってしまっていました。

おかげで雛人形をここ2年出すことができませんでした。

いざ屋根裏の断捨離を始めると、埋め尽くしていたモノのほとんどが空き箱だったことが判明。あとは小さい子の使うおもちゃなどです。

今までの屋根裏の断捨離の様子はコチラです。
     ↓
恐怖の屋根裏を断捨離。(画像あり)

屋根裏断捨離中。屋根裏を占領していたモノとは?

まだ出てきた。夫の趣味のモノとは?

屋根裏ここまで断捨離できました。途中経過(画像あり)

断捨離は心身共に疲れます。時には休憩も必要。断捨離再開しました。

そして今日断捨離したモノです。
20160620工作断捨離

一度しか使ったことがない餅つき機、2回やったジグソーパズル、子ども用高さ調整座布団、公文の英語のテキスト、「使い道いろいろ、うるし電報」息子のヒデ君(10歳)が小さい時に読んでいた電車と車の本、娘のはなちゃん(17歳)が小さい時に作ったお正月用の門松と鏡餅。

「使い道いろいろ、うるし電報」は一度も使われることはありませんでした。使い道なし。残念。

はなちゃんがトイレットペーパーの芯で作った門松は、今見てもとってもよくできているので(親バカ)来年のお正月に飾ろうかと一瞬うっかり思いました。今までその存在を忘れていて、一度しか飾ったことがなかったのに・・・です。危ない危ない。写真に撮ってさよならです。


そしてとうとう汚屋根裏部屋の断捨離が完了しました!ビフォー・アフターの画像をご覧ください。

Beforeあちゃー(〃▽〃)
20160525屋根裏断捨離4


After
20160620汚部屋片づけアフター2

いかがですか?人ひとり寝転がれそうです。(ちょっと大げさです。)

これで雛人形をさっと出すこともできるし、着物が入っている桐のタンスの引出しをすぐに開けることもできます。(右奥に桐のタンスがあります。)

屋根裏は、モノを広さの半分ぐらいにしておくのが最も有効に使えるということが今になってわかりました。

屋根裏は夏はものすごく暑いし、冬はものすごく寒いので、意外と虫などがつきにくく、そういう意味ではいい場所です。

屋根裏をリバウンドさせず、この状態を保っていこうと思います。

本当は着物の虫干しとかまでやりたかったのですが、梅雨ですし、2巡目は涼しくなったらまたやろうと思います。もう少し捨てられそうな気がします。

明日は、リビングの掃除をします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示