ホーム断捨離 ≫ 断捨離は心身共に疲れます。時には休憩も必要。断捨離再開しました。

断捨離は心身共に疲れます。時には休憩も必要。断捨離再開しました。

3月から家の断捨離をはじめて3ヶ月間ほぼ毎日片づけて捨ててを繰り返していました。
20160619靴断捨離2
ただでさえ片づけの苦手な愛子です。いささかくたびれました。

いや、くたびれたというよりは、もう嫌になってしまったのです。「あー1日中ぐだぐだうだうだしたい。」と。

ここ10日ほど断捨離を少しお休みしたら、また元気が復活してきました。断捨離も時に休憩も必要かもしれません。

今日はまだ助走ですが、断捨離しましたー。

スポンサーリンク

まずは、屋根裏にあった小さい子供用のおもちゃを知りあいに送りました。

愛子は毎日毎日「断捨離しました。」と言っていました。もちろんその多くは、もう捨てました。

でも、これは知りあいにあげるもの、これは売るもの、とやっていると部屋の中がモノであふれてきます。

その結果、収納場所はガラガラなのに、部屋はいらないモノでいっぱいという事態におちいります。

どこかで、「断捨離はモノを家の敷地の外に出したら完了。」と読んだことがあります。どなたかのブログだったかもしれません。

まさにその通りだと、今実感しています。

今日送ったおもちゃの箱。(屋根裏から出てきたプリンターの空き箱に入れました。)
20160619おもちゃあげる

重さは7キロほどあったと思います。一応他人にあげるので、虫干ししたり、拭いたりして送る準備をしました。お古のおもちゃでも、気持ちよく遊んでもらいたいですものね。ひと箱では収まりきらなかったので、後日また送ります。

それから、靴を捨てました。
20160619靴断捨離

息子のヒデ君(10歳)の小さくなったと娘のはなちゃん(17歳)の壊れたサンダルです。

ヒデ君の靴は、横がやぶけてしまっていました。新しいワンサイズ上の運動靴を買いまいた。

その新しい靴のサイズが、とうとう愛子の靴のサイズと同じになりました。

ヒデ君は背丈はまだ愛子より20cmも小さいです。でも足のサイズは同じになってしまいました。

これからは、抜かれる一方ですね。いつの日か、背丈も大きくなって見下ろされる日がやってくるのでしょう。

ちょっとジーンときた断捨離でした。履き古した運動靴に感謝してお別れです。

ヒデ君は新しい靴がとても嬉しかったようです。今日も「前の靴と新しい靴とでは、サッカーする時に、ボールの飛び方が違うんだよ。」と熱く語っていました。靴によってそんなこともあるのですね。愛子、五十にして学びました(笑)

明日は屋根裏の断捨離を終わらせられたらと思います。ガンバロウ\(^o^)/

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示