ホーム断捨離 ≫ 家の固定電話を断捨離できない理由とは?

家の固定電話を断捨離できない理由とは?

家の中を見まわして、ふと「電話って必要なのだろうか。」と思いました。

今は、ほとんどの人がスマホや携帯電話を持っています。

最近一人暮らしを始めた人や、結婚した人、ミニマリストは、固定電話を持ちません。特に必要性も感じないのでしょう。

ならば、うちの電話も必要ないのではないだろうか、断捨離できるのではないかと思ったのです。

家の固定電話が本当は必要なのか、必要ないのか考えてみました。

スポンサーリンク

家の固定電話の必要性



家から電話がなくなったら、電話の置き場所がスッキリします。

断捨離を進めると、何か捨てられるものはないかと探すようになります。以前電話の棚を断捨離した時も、電話を捨てられないか考えました。


電話の棚を断捨離した話はコチラです。
       ↓
リビングの電話の棚を断捨離。ビフォー・アフター。

固定電話は必要なのでしょうか。できれば捨てたい・・・。


電話番号の権利の価値



20年前に結婚した時は、あたりまえのようにNTTに行って電話番号の加入権を買いました。確か7万円ぐらいだったと思います。電話番号をいくつかの中から選んで決めました。自分の家の電話番号を持つことができて嬉しかったことを覚えています。

この加入権は買取業者に売ることができるそうですが、当時は同じぐらいの価格で売れると聞いていました。というか、NTTに戻すのだと愛子は勝手に勘違いしていました。

ところが最近の電話番号の価格は2千~3千円ぐらいだそうです。愛子は驚きました。7万円が2千円とは、いったいどういうことでしょうか。なんだか詐欺にあった気持ちです。

あまり使わないし、電話はじゃまだし、いっそ手放してしまおうかと思いました。ところが、加入権を譲るのでも手数料が800円ほどかかるそうです。

家の電話を使っていますか?



愛子の家では、一番多いのがセールスの電話です(笑)これは、断るのも面倒な迷惑なだけのものです。

次は、夫の両親との通話。夫の両親は携帯をあまり使いません。

その次は私の母や姉と、こみいった話をする時。たいていはLINE電話ですが、LINE電話は途中で聞こえにくくなったり、切れてしまったりすることがあります。

あとは息子のヒデ君(10歳)がお友達に電話する時。彼らはまだスマホを持っていないからです。

それから一番怖いのは夕方にかかってくるヒデくんの学校の先生からの電話です。「またヒデ君、なんかやらかしちゃった?」とドキドキします(笑)

それ以外は、ほとんど使うことがありません。家の電話は、半分置物と化しています。

仕事によっては、FAXを使う家があるかもしれません。

固定電話の代わりにできたもの



通常家の電話は通話料がかかります。

今は固定電話以外に、無料の通話方法がいくつかあります。LINE電話、FaceTime、スカイプ、など。(ネットし放題プランなどの場合は無制限。パケットに制限がある場合はオーバーすると料金がかかります。)

スマホでも通話し放題とか、同じ会社同士ならとか、同じ会社で夜以外ならとか、契約プランによっては通話が無料になります。

でも携帯やスマホは契約プランによっては通話料がかかります。かける方は無料と思っても、海外からの電話など受ける方が無料でない場合があるので注意が必要です。

もし家の固定電話をなくすなら、携帯やスマホの契約プランを通話し放題(無料)にした方がいいと思います。


固定電話にかかる費用



固定電話は当たり前のようにリビングに鎮座していますが、これは使用しなくてもお金がかかっているのでしょうか。

愛子の家の電話は、KDDIにしたり、ケーブルテレビの3サービスパックにしたり(電話、テレビ、ネット)、ソフトバンクの回線にしたり、いろいろ変えてわけがわからなくなってしまっています。

でも基本使用料はかかっていると思います。通話をすれば通話料がかかります。


災害時にはどちらがつながる?



地震などの災害時に携帯やスマホが通じなくなってしまうことがあります。そんな時でも固定電話は通じたという話もあります。

携帯やスマホは電池がなくなると使うことができません。


まとめ



結局、家の電話をどうしたらよいのでしょうか。

まったく使わない場合は、権利を消滅した方が月々の基本使用料がかからなくなります。

ママ友に「家の電話を使ってる?」と聞くと、ほとんどがやはり実家の親とのやりとりだけという答えでした。

しかしヒデ君の学校の電話連絡網を見ると、携帯番号の家は1件だけでした。あとは固定電話の番号でした。学校の電話連絡網自体、使うことはほとんどありません。今は一斉メールが主流です。

あまり使わないのに、なぜみんな固定電話なのでしょうか。

一説には、銀行には固定の電話番号がある方が信用されると言います。確かに、携帯番号よりは地に足がついている感じはあります。

でも新婚さんが固定電話を引かない時代、そんなことも次第になくなっていくでしょう。

まだ家に固定電話がある家は、親との通話など多少の必要性があるのでしょう。

それか、もう高く売れない時代、惰性で持ち続けている家もあるかもしれません。

災害時のために残しているかもしれません。

数年おきに、固定電話が本当に必要かどうか見直してみるといいかもしれません。

その時の、家族の状況や時代によっていつか手放すことができる日が来ることでしょう。それは、近い未来な気がします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示