ホーム断捨離 ≫ 屋根裏ここまで断捨離できました。途中経過(画像あり)

屋根裏ここまで断捨離できました。途中経過(画像あり)

もうこれ以上モノを入れられないというほど、いっぱいだったうちの屋根裏です。

屋根裏の断捨離をはじめて10日がたちました。
20160607雛人形出せない
毎日は片づけられませんでしたが、ちょこちょこがんばりました。

まだ途中ですが、どれくらい片づいたかご覧ください。

スポンサーリンク

屋根裏にあったモノは、ほとんどが小さい子供のおもちゃと、電化製品やおもちゃ・靴の空き箱でした。

それらを片づけたら、奥まで入って行けるようになりました。

今までの屋根裏の片づけの様子です。
       ↓
恐怖の屋根裏を断捨離。(画像あり)

屋根裏断捨離中。屋根裏を占領していたモノとは?

家の坪単価を考えろ。屋根裏にあった不要な空き箱の数とは?

まだ出てきた。夫の趣味のモノとは?



まずは片づけ前の屋根裏です。
Before
20160525屋根裏断捨離4
うひゃー、モノがいっぱい。奥まで入って行くことができません。

まだ途中ですけど、今の屋根裏です。
After
20160607屋根裏片づけ1

どうですか?愛子本人は、すごく断捨離が進んだと大喜びでちょっと自慢したくなって、まだ終わっていないのに公開してしまいました。

左側の壁を見ていただくと、かなり荷物が減っていることがおわかりいただけるかと思います☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆あと、床もほんの少しだけ見えています。

今日断捨離したのは、ブーツとおもちゃの空き箱。
20160607屋根裏片づけ2

それから愛子が高校生の時に美術の授業で描いた油絵。
20160607屋根裏片づけ3

テーマは「私の心の中」。どんだけ暗いんだ(笑)

左上の黄色い丸は、確か希望で、最初はそこからハシゴが垂れ下がっていました。そのハシゴを登れば、明るい世界に行けるはずという設定です。でもそのハシゴすら、塗りつぶされてる\(//∇//)\

高校生の自分に言ってあげたい。「大丈夫か。自分。」

なんでこんな暗い絵を、30年以上も取っておいたのでしょうか。上手く描けたからではありません。

油絵のキャンバスは上に塗り重ねることで、また他の絵を描くことができるのです。「また油絵を描きたい。いつか描く。」とずっと思っていたのです。

でもその「いつかは」三十数年、来ることはありませんでした。さよならです。

実を言うとこのごちゃごちゃの屋根裏のせいで、ここ2年雛祭りに雛人形を出すことができませんでした。これでは、嫁に行けないどころか、その前までも行けない。はなちゃん(娘17歳)の危機ですwww

はなちゃんはともかく、雛人形もかわいそうです。これで、雛人形も簡単に出せるようになりました。

あともう一息屋根裏の断捨離、がんばります。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示