ホーム不用品を売る ≫ アクセサリーを断捨離。その引き取り価格とは?

アクセサリーを断捨離。その引き取り価格とは?

屋根裏の断捨離をしています。
20160526アクセサリー断捨離3
先日屋根裏から降ろしたアクセサリーを、ブランド品や貴金属のリサイクルショップに売りに行ってきました。

さて、いくらで売れたでしょうか。

スポンサーリンク

売りに行ったのは、チェーン店の有名なお店です。

ちょうど今引っ越しシーズンが終わり、お店も一段落しているところだったそうです。

しかもラッキーなことに、5月が決算月だそうです。これは期待できそうです。

実は1度このアクセサリーの断捨離をしかけたのですが、その時はどうしても断捨離することができませんでした。祖母が残してくれた、どうやら高価らしいアクセサリー。一度も身に付けたことはありません。今後も付けることはないでしょう。

でもどうしても捨てられない。形見のような気がしていたからでしょうか。

それからしばらくして意を決して、やはり断捨離することにしました。

アクセサリーを断捨離した話はコチラです。
        ↓
古いアクセサリーを断捨離。結局身につけられない5つの理由。

そしてお店にアクセサリーを売りに行きました。とても感じのいい若い男の店員さんでした。

ひとつひとつ丁寧に見ていきます。

メッキかか見分ける方法は、意外にも原始的。磁石にくっつけてみるのです。くっつけば、メッキです。

これらは、残念ながらメッキでした。あるいは、わけのわからない銀(笑)
20160526アクセサリー断捨離2

こちらが金とプラチナでした。とは言っても手前のバブリーなネックレスは違います。
20160526アクセサリー断捨離1

バブリーなネックレスはお兄さんの好みということで、引き取ってくれました。国内でも、こういう商品が好きな人がまだ結構いるそうです。関西の方とかかなぁ。←勝手な思い込み。

プラチナの指輪が1個・金の指輪が3個とカメオ1個です。

今は金とプラチナの相場は最近の最高額ではないけれど、まあまあいい値段です。石にはほとんど値はつきません。

さていくらで引き取ってもらえたでしょうか。

ジャーン、何と2万3千円です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

あとメッキのモノたちを特別に引き取ってもらいプラス千円で、合計で2万4千円でした(((o(*゚▽゚*)o)))

メッキのものたちは「数はいくつでも変わらないので名残惜しいものはどうぞお取りください。」と言われ、4つ拾ってしまいましたー。  

メッキのものたちに加えられているサンゴですが、これは残念ながら虫がくっていました。サンゴも虫にくわれるのですね。

もし虫くいがなければ、結構値がついたそうです。

おばあちゃんにもらったアクセサリー。さようならです。

でもおばあちゃんは、愛子の心の中でずっと生きています。おばあちゃんのことは忘れないよ。

思いがけず高値で売ることができて、うれしかったです。

でも悲しいかな右から左へー。子どもの教育にはお金がかかりますからね・・・。 

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示