ホーム断捨離 ≫ 恐怖の屋根裏を断捨離。(画像あり)

恐怖の屋根裏を断捨離。(画像あり)

愛子の家には、2畳ほどの広さの屋根裏があります。
20160525靴箱断捨離3
引っ越した当初、まだ幼稚園児だった娘のはなちゃん(17歳)が「ここをはなちゃんの部屋にする」と言ったほど、何もない居心地のよさそうな場所でした。まるでハイジの干し草のベッドがある部屋のようでした。

それが今ではどうでしょう・・・。

スポンサーリンク

雛人形・五月人形・こいのぼり・クリスマスツリーなどの季節用品から着物、おもちゃの空き箱、サイズの大きい子どもの靴、資格の本など、今使わないものをどんどんつっこんでいました。

とうとうマンパンになって、奥の方へは行くことができなくなってしまいました。まさしくカオスです。

奥の方のモノを出す時は、まず手前にあるモノを取り出して、細い通路を作ります。

その細い通路をそろそろと体を横向きにして進み、奥にあるモノを堀り出します。とっても不便です。

この屋根裏は収納式のはしごを降ろして登ります。

下から見ても、もうモノがあふれているのがわかります。
20160525屋根裏断捨離1

中はこんなにごちゃごちゃになってしまっています・・・。
20160525屋根裏断捨離2

奥の方もこんな感じに・・・。
20160525屋根裏断捨離3

20160525屋根裏断捨離4

とりあえず、今日はこの入り口にある靴の箱を断捨離します。
20160525屋根裏断捨離5

この箱は全部カラでした。捨てます。
靴の箱断捨離

愛子の家はよくヤフオクでモノを売るので、できるだけ空き箱をとっておくようにしていました。

でも、これがこの屋根裏のカオスの原因のひとつだと思うのです。

もう絶対ヤフオクでは売ることができないものの箱は、どんどん捨てて行きます。

その後箱を断捨離した話はコチラです。
       ↓
家の坪単価を考えろ。屋根裏にあった不要な空き箱の数とは?

明日は、屋根裏に眠っていた子どもたちが小さい時に使っていたおもちゃを断捨離する予定です。

奥に行けないので、とりあえず手前にあるモノから。順序は予告なく変更することがあります(笑)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示