ホーム掃除道具・掃除・収納方法 ≫ すぐたまるDMなどの郵便物に対処する5つの方法

すぐたまるDMなどの郵便物に対処する5つの方法

愛子の家のダイニングテーブルは、4人家族にしては若干大きいです。

そうするとどういうことが起こるかというと、空いているスペースにすぐモノを置いてしまいます。

そのほとんどが、郵便物やDM(ダイレクトメール)です。DMはたまってしまうと、それを片づけるだけでも結構時間がかってしまいます。
手紙片づけ
そこで愛子は、どうしたらよいか考えました。

スポンサーリンク

1.DMを止める
まず、絶対に不要なDMは電話をして送るのをストップしてもらいます。これは一回は電話するのが手間ですが、一度してしまえば半永久的にそのDMを処分するという手間から逃れることができます。

相手も慣れているので、嫌な態度をとられることはありません。

2.玄関で処理・仕分け
それから、その他のDMやポスティングされたチラシは玄関で処理してしまいます。玄関にハサミをひとつ置いておきます。うちは階段下の収納に入っています。

外出先から帰って玄関にバッグを置いたら、大切な郵便を取り分けます。大切な郵便と、不要なチラシ、その場で開封する郵便の3つの山を下駄箱の上に作ります。

請求書などの封筒はその場で開封する郵便です。請求書のみを大切な郵便の山に乗せます。一緒に同封されている広告などはさっと目を通して、不要であれば不要なチラシの山に乗せます。

その場で封筒も全部紙であれば不要なチラシの山に乗せます。

窓付き封筒の場合は、窓のビニール部分を切り抜き、紙の部分だけを不要なチラシの山に乗せます。

3.玄関で捨てる
不要なチラシなどの山はその場でしまってしまいます。愛子は階段下の紙袋に収納しています。そのまま雑紙のリサイクルの日に出します。

地域によってゴミの収集の仕方が異なりますので、その辺は適宜調整してください。

大切な郵便とビニールゴミだけを持って部屋に入って、ビニールはキッチンのゴミ箱に捨てます。

4.請求書はすぐに収納
請求書などは、無印良品ペーパーホルダーに入れるだけの収納にしています。これは、子どもが幼稚園や学校からもらってくるプリントの収納方法と同じです。


プリントの収納の話はコチラです。
     ↓
幼稚園や学校から子どもがもらってくるプリントの収納には無印のあれだ


請求書も最近はネットで見るだけというペーパーレスにする方法もあります。本当はこの方法がいいのでしょうが、アナログ人間の愛子はこれでは不安でお金の勘定ができません。

請求書はいずれゴミになってしまいますが、紙の状態の方が愛子は安心します。古い人間なのですね・・・。

デジタル化した人間になれば、ミニマリストへも近づくことができますよね。


と、いろいろ偉そうに言いましたが、これがなかなか完璧にできません。すべての郵便物を愛子がポストから取るわけではないからです。

家族が取ってきてくれた場合は、たいていすべてのモノをダイニングテーブルの上にドサッと置いてくれます。

愛子が留守の間にこれをしてくれると、どんどん山は大きくなります。

また愛子が取ったときでも時間がないと、これもドサッと山になります。

これにはやはり気がついた時に、ちょこちょこ片づけで対処するしかないのでしょうか。

ポスティングされたチラシは、すぐに階段下収納に入れてほしいということは家族に伝えました。

あとはちょっと頼むのが難しいモノです。悩みます。

5.チラシをポストに入れられないようにする
あ、ポストに「チラシは入れないでください」と書いて貼っておくことも有効ですね。さっそくやってみよう。ちょっと見栄えは悪いですけど。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示