ホーム掃除道具・掃除・収納方法 ≫ ゴミの分別のストレスをなくす方法。ゴミ箱もシンプルに。

ゴミの分別のストレスをなくす方法。ゴミ箱もシンプルに。

ゴミ箱どうしていますか?
ごみばこ

リサイクルなどがさかんに行われるようになって、ゴミの分別の種類が多くなりました。それはとっても素晴らしいことです。

ただ、分別ごとにゴミ箱を作っていると、たくさんの数のゴミ箱が必要です。

そこでベスの家では、このようなゴミ箱を買いました。

スポンサーリンク

これが数年前に買ったキッチンのゴミ箱です。右側の白い細長いものがゴミ箱です。
レジ袋断捨離3

単体だと、こんな感じです。白いシンプルなものにしました。
レジ袋断捨離1

大きさは、幅25.5cm奥行き46cm高さ126cmです。引き出しが4段です。下にキャスターが付いています。

これは生協のカタログで買いました。

正確にいうと、誕生日のプレゼントに家族に買ってもらいました。なんで誕生日にゴミ箱?と思いますよね。こう見えて、このゴミ箱1万円くらいしたのです。

ゴミ箱ごときに1万円も出すのはどうしても悔しかったのです。で、プレゼントにもらってしまいました。

値段は高かったのですが、これを買ってもらってからはいろいろな所にゴミ箱や雑紙袋やレジ袋が散乱することがなくなり、ストレスがぐっと減りました。

ベスの姉はこれと同じようなタイプで縦7段のゴミ箱をセシールで2万円弱で買いました。キッチンの角に置いてあります。そのゴミ箱を買ってから、とっても快適に暮らすことができているそうです。

ゴミの分別は大変です。分別に慣れるまで、ベスはノイローゼ気味になりました。「このゴミはなんだろう。燃やせるゴミの日にだすのか、不燃ゴミの日にだすべきか。」とか、「今日は何のゴミの収集の日だったかしら。」とかいろいろ考えてまいってしまったのです。

ゴミごときでノイローゼなんて、ベスだけでしょうか。

今日も欠けた植木鉢を出したのですが、収集してもらえるかドキドキしています。

(その後植木鉢は無事に収集してもらえました。ベスの住んでいる地域では、せとものやガラスと同じ収集日でした。調べると直径50cm以上の植木鉢は、粗大ごみになるとのことでした。)

まあ、分別にはだいぶ慣れました。このゴミ箱に助けられている気がします。

ベスの家では、このゴミ箱の上から、
1段目燃やせるゴミ・不燃ゴミ
2段目プラゴミ・ペットボトル
3段目雑紙・レジ袋
4段目ビン・缶・電池など
を入れています。
一段に20リットルぐらい入ります。たくさん入るので、うっかりすると、レジ袋などがどんどんたまってしまいます。


レジ袋がたくさんたまってしまった話はコチラです。
         ↓
レジ袋を断捨離。地球環境を守るためにももらわないと誓う。


キッチンとつながっているリビングには、ゴミ箱はありません。ゴミは全部このキッチンのゴミ箱に捨てています。

あまりにもゴミが多くなってしまったときは、家の外に一時置いています。

みんなゴミ箱をどうされているのかなぁと思い、調べてみました。皆さんいろいろ工夫されていますね。おしゃれな外国風や家具調、ペダルのついているものなど。同じ大きさのものをいくつか横に並べている方が多いようです。

ゴミ箱を横に並べると、面積をとります。縦にすることで、使用する床面積を小さくすることができます。

ただし、縦に高くすればするほど、視覚的にはどうしても目に入ってきてしまいます。

どちらがいいかはお好みで。

うちのゴミ箱と似たようなものをセシールやベルメゾンなどの通信販売でも買うことができます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示