ホーム断捨離 ≫ 缶詰の断捨離。防災備蓄としての缶詰の数とは?

缶詰の断捨離。防災備蓄としての缶詰の数とは?

缶詰の引出しの断捨離をしました。
20160510kan
缶詰は保存がきくと思って油断しがち。賞味期限切れの缶詰はどれくらいあるでしょうか。

また、防災備蓄として缶詰はどれくらいのがあればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

システムキッチンの引出しを全部断捨離し終えたと思っていたら、あらひとつ忘れていました。缶詰の引出しです。

引出しの中はこんな感じになっています。
缶詰断捨離1

賞味期限を確認すると、期限が切れているものがこんなにありました (T_T)
缶詰断捨離2

なんと20個も。あまり私が好きではない魚系の缶詰が多かったです。自分が嫌いだと、あまり使わないですよね・・・。

一番古かったのは、95年のサバの水煮缶。って、1995年のことですよね・・・。なんでそんなに古い缶詰があるのだろうか・・・。21年前(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

賞味期限内のものです。22個ありました。これらを収納します。
缶詰断捨離3

半分ぐらいが空きました。
缶詰断捨離4

缶詰ってどれくらいの量を家に置いておけばいいのでしょうか。

災害用の備蓄としても考える場合を調べてみました。

昨年東京都の各家庭に配られた「東京防災」を見てみました。これは、内容がとてもよいと評判がよかったものです。
東京防災2

「備蓄ユニットの品目や量」の項目で、

日頃から自宅で利用、活用している物を少し多めに備えるという考えが「日常備蓄」ですが、各家庭の抱える環境はさまざまです。

各々の生活スタイルに応じて、自宅で避難生活を送るために備えておくべき品目や量を自分たちで考え、「備蓄ユニット」として備えておくことが重要です。


と書かれていました。もっともです。

参考モデル、夫婦と乳幼児1人、高齢女性1人の4人の家族構成の場合
缶詰は、さばのみそ煮、野菜など各6缶、果物など1缶

とありました。合計13缶ということでしょうか。

その他、野菜ジュース9本と書いてあります。
東京防災2

うちは、夫婦と子供2人(17歳と10歳)なので、もう少し多くなければいけないでしょう。

さらに、子ども1人と私は食物アレルギーがあるので、それも考慮しなければなりません。

うちはツナ・焼き鳥・カレーなどはありますが、野菜の缶詰がありません。災害時はビタミン不足になりやすいそうです。果物の缶詰をもう少し買い足します。


缶詰を含む食料品の備蓄についての記事はコチラです。
          ↓
リビングを断捨離。防災備蓄食品の量とは?


これを機に非常食の見直しをしようと思います。

シンプリストを目指している私としては、場所をとる物は極力減らしたいところです。

しかし防災用品に関しては、やはり必要だと思っています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示