ホーム断捨離 ≫ キッチンカウンター収納の断捨離。毎日同じ物を食べない方がいい理由。

キッチンカウンター収納の断捨離。毎日同じ物を食べない方がいい理由。

今日はキッチンのカウンター型収納の断捨離をします。
ニンジン
ここには、お米などが入っています。他ににんじんジュースが入っているのですが、その賞味期限を確認するのがちょっと恐怖です・・・。

スポンサーリンク

これがカウンター型の収納です。なんかはみ出しています。
キッチンカウンター型収納断捨離1

中はこのようになっていました。およよ・・。
Before
キッチンカウンター型収納断捨離2

上段は生協やセシールのカタログ、大きいビニール袋、下段はにんじんジュース、梅干し、お米などが入っていました。

にんじんジュースは一時期気に入って毎日飲んでいました。賞味期限は・・・2007年でした(T_T)
にんじんジュース

通販カタログの期限までほとんど切れていました。梅干しは他のところへ移動します。

我が家には、お米の種類がたくさんあります。それには理由があります。

息子のヒデ君(10歳)は赤ちゃんのときから食物アレルギーの種類がたくさんあり、信じられないかもしれませんがお米のアレルギーもありました。今はお米アレルギーの子もたくさんいるのです。

でもありがたいことに、お米アレルギー用のご飯を売っています。ヒデ君は、これを食べていました。
Aカットごはん
「Aカットごはん」といいます。他に「ケアライス」という商品もあります。

成長して腸の発育がよくなると、食物アレルギーもよくなることが多く、ヒデ君もだいぶいろいろ食べられるようになりました。

お米はもちもちした銘柄や玄米などがダメなので、まずは低アレルギー米ゆきひかりから食べ始めました。

それから、普通のゆきひかり→ササニシキ→北海道きらら397→ひとめぼれ→あきたこまちへとだんだんと普通にによく売っているお米が食べられるようになっていきました。

ただし、毎日同じ銘柄のお米を食べない方がよいということで、常に4~6種類ぐらいのお米を日によって変えて食べています。

食べ物が口に入ってから体内からなくなるまで、およそ4日かかるそうです。なので、一度食べた銘柄が体内になくなってから、また食べるということです。

本当は健康な人も、毎日同じものを食べずに、4日に一度食べるという回転食をした方がいいそうです。その方がアレルギー予防にもなります。

そういうわけで、お米のストックに場所をとるのです。でも、毎日違う種類のご飯を食べるのは、微妙に味や歯ごたえが違って楽しいです。

本当は米びつなどにうつした方がいいのでしょうね。ゆくゆく検討していきます。

いらない物を捨てたらこんなにスッキリしました。
After
キッチンカウンター型収納断捨離3

ついでにカウンターの上に乗っていたココア・コーヒー・青汁もシステムキッチンのお茶の引出しに移動しました。
キッチンカウンター型収納断捨離4

断捨離をしていろいろな収納場所がガラガラになってきたので、片づけが加速しています。これはとっても気分がいい(o‘∀‘o)*:◦♪

明日はベランダの断捨離をします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示