なんちゃって制服売れた値段とは?春休みは断捨離に最適な時。

娘のはなちゃん(18歳)がこの春高校を卒業します。4月からは大学生です。はなちゃんが通っていた高校は制服がありませんでした。学校に着ていく服は「なんちゃって制服」といってEast Boy(イーストボーイ)などの制服っぽい普段着でした。たとえば、ワイシャツにリボンにベスト、チェックのひだスカートに紺色のブレザー、紺のハイソックスにローファーという感じです。
201702275
大学へ行ったらもう「なんちゃって制服」は着ません。はなちゃんが「売る。」と言うので全部クリーニングに出しました。クリーニング代がだいぶかかってしまいました。さあ、いったいいくらで売れるでしょうか?

続きを読む

たまりにたまったメルマガなどのメールを断捨離してPCの負担を軽くする。

パソコンの起動が遅くなってきました。一つ一つの動作も遅くなってきました。
写真やらメールやら重くなってきたのでしょうか。危ない危ない。捨てられるものは早く捨てることにしました。
20170214pc1

続きを読む

「フランス人は10着しか服を持たない」が売れ続けている理由。レビューです。

この本は言わずと知れたジェニファー・L・スコットさん著の大ベストセラーです。2014年の10月に発刊されましたが、今でもなお本屋さんの一番目立つ位置に平積みにされています。なぜこの本がそんなに人気なのでしょうか。
29170139f10

続きを読む

懐かしいモノを断捨離。子供の外遊びのおもちゃ、どこにしまっていますか?

引っ越すつもりで断捨離プロジェクト実践中です。
今日捨てたモノたちです。
20170121tape1
子供が外で遊ぶ道具はどこにしまっていますか?

続きを読む

引っ越すつもりで再び断捨離することにした理由。英語教材を断捨離。どんどん捨てます。

愛子が今の家に住んでから14年目になります。漆喰を吹き付けた壁紙は手垢で汚れ、張り合わせ部分に隙間があいたりしてきました。ベランダの白い手すりもだいぶ汚れてきました。家の外壁は一度フィッカスプミラやアイビーをはわせてしまい、収拾がつかなくなり力ずくではがした跡が残っています。本当は10年たったら外壁の塗装を塗りなおした方がいいそうですね。外壁の塗装は数十万円かかるそうです。まだまだローンの支払いもあります。ボーナス払いは相変わらずちょとしんどいです。

家の中も外も汚いし、お金はないし、なんだかすべてが面倒くさくなってきてしまいました。
「もっとコンパクトで家賃が安い賃貸に引っ越したい。ベッドやダイニングのテーブルも全部捨てて最小限のモノを持って行きたい。」そんな気持ちがムクムクと湧き出してどんどん自分の中で大きくなっていきました。

続きを読む